南房総産の苺100%おもてなしの「ろくやグループ」が
地元生産者と共に創り上げた、苺バターをお届け。

Success
  • stars集まっている金額
    ¥258,000
    (目標 ¥200,000)
  • flag目標達成率
    129%
  • local_offer購入数
    86
  • watch_later残り時間
    00 00:00:00
商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
地域の生産者様と二人三脚で南房総の魅力を発信してきたろくやグループ。コロナ禍で激減した観光需要により訪れた生産者様と農作物の危機。せっかく育てた素晴らしい食材のフードロスを防ぎながら、地域の魅力を発信していけるよう、館山産の苺の良いところを最大限引き出した「館山産紅ほっぺ 房総苺バター」を開発しました。たくさんの方に房総苺バターをお届けし、房総の食材の素晴らしさを感じていただきたいと思います。
    • 地域の生産者様とともに、地域の魅力を最大限お伝えする「ろくやグループ」です。

    • はじめまして、私たちは南房総で「網元の宿ろくや」や「鏡ヶ浦温泉rokuza」を運営しているろくやグループと申します。

      私たち、ろくやグループのある南房総はすばらしい食材の宝庫です。

      新鮮な魚介類はもちろんのこと、瑞々しい地野菜にフルーツ。
      酪農発祥の地だけあり、黒毛和牛やチーズなど数えだすと切りがないほどです。

      私たちは創業以来、こうした素晴らしい食材の魅力を最大限お伝えできるよう、一度訪れた方がまた南房総に行きたい!と思っていただけるよう、地域の生産者様と二人三脚で、この地を訪れるお客様の期待に応えていけるよう努力してまいりました。

      いまでは、2軒の旅館だけではなく、渚の駅たてやまで「海のマルシェたてやま」「パティスリーソラネル」という地域の食材を様々な形で発信する拠点を展開しているほか、「海のマルシェたてやま」では今後、この素晴らしい地域の食材を南房総以外でも楽しんでいただけるようECサイトの起ち上げも計画しております。
    • 訪れた危機と新たな挑戦。

    • 激減した観光需要とせっかく育てた農作物の危機

    • しかしながら、こうしたなか、感染症の脅威が降りかかりました。
      従業員の安全を守るため、弊社も昨年は3ヶ月の休業を余儀なくされました。
      その後、営業再開したろくやグループは、日頃から支えてくださる常連様のおかげでV字回復することができましたが、地域を見渡すとそこには大きな打撃を受ける生産者様の姿がありました。

      南房総の南に位置する館山では、12月から5月にかけて例年、苺狩りを目当てに多くの観光客が押し寄せます。
      ところがここ2年、以前のような活気は見られなくなりました。

      当然育てたいちごはお客様の口に入ることはなく、歯がゆい思いを抱える生産者の方々。
      地元の生産者様と二人三脚で南房総の魅力を発信してきたろくやグループとして、せっかく育てたいちごが日の目を見ない訳にはいかない!生産者様の努力を無駄にする訳にはいかない!今の状況を何とか打破する取り組みを進めなくてはならない!そう強く思いました。
    • パティスリーソラネル廣田の挑戦

    • それならば、と、商品開発に乗り出したのが、ろくやグループに入社したばかりにして、弊社グループの洋食部門を統括する経験豊かなシェフ「廣田真吾」です。

      「パティスリーソラネル」製菓部門の責任者も兼任する廣田は、その技術を使い、さまざまな試作を行いました。
      ジェラート、タルト、シュークリーム、バターサンド・・・素材が良いのでどれも美味しく出来るのですが、多くのいちごを使い、そして南房総のいちごにぴったりな加工方法は何か・・・試行錯誤を繰り返し、生産者様の声も聞きながら出来上がったのが今回の苺バターでした。
    • 館山産の苺「紅ほっぺ」を使い出来上がった今回の「房総苺バター」。多くの方に召し上がっていただくことで、苺のフードロスを防ぎ、少しでも地域の生産者様の力になれるよう大量生産に踏み切ることとしました。

      既にたくさんの苺は確保しました。出来るだけたくさんの方に、この「房総苺バター」を知って頂けるよう、クラウドファンディングに挑戦することとしました。
    • 苺バターにぴったりの館山産「紅ほっぺ」を100%使用しました!

    • この南房総地域では、多くの種類の苺が育てられています。

      その中でも、苺バターにぴったり合う苺の品種は何か。
      ポイントは
      ①【酸味があること】
      ②【赤い苺であること】
      ③【苺の香りが広がること】
      です。

      甘い苺はとっても美味しいですが、加熱調理する苺バターはほどよく酸味がなければ出来上がりが甘くなりすぎてしまいます。
      また、中まで赤い苺でなければバターと混ぜたときに綺麗な色に仕上がりませんし、トーストしたあつあつの食パンに塗ったときには食欲を誘う香りが引き立つことが理想です。
    • こうした条件にピッタリなのが、今回使用している館山産の「紅ほっぺ」でした。

      「紅ほっぺ」とは「章姫」に「さちのか」を交配し選抜育成した特選苺です。
      名前の由来は中心部まで赤く、ほっぺが落ちるほど美味しいことを表しています。
      味は「さちのか」より甘く「章姫」より酸味があって「アイベリー」のような華やかな香りが特徴です。

      今回は、芯まで赤く、甘みと酸味のバランスが良い「紅ほっぺ」にこだわり、余計なものは加えず「紅ほっぺ」の持つ「酸味」「色」「香り」を最大限活かしました。
      甘さ控えめ、苺の果肉は残しつつ、バター感も楽しめるよう配合した自慢の苺バター。
      お好みのパンをトーストしてたっぷり塗ってお召し上がりください。
    • 素晴らしい苺を愛情込めて育てている「たんぽぽ農園」と生産者の「伏木さん」。

    • 今回苺バターに使用する苺を育てる「たんぽぽ農園」さんは、南房総市内に「富浦いちご狩りセンター」「白浜いちご狩りセンター」「いちごランド」の3か所の農園があり、綺麗な水、温度、光と肥料を徹底的に管理して美味しい苺を生産しています。
      「紅ほっぺ」の他にも「章姫」、「かおり野」、「やよいひめ」、珍しい「白苺」も育てているのです。

      また、苺以外にも、サツマイモとトマトを生産されており、このどちらもまた絶品です。

      「たんぽぽ農園」の苺責任者「伏木さん」に苺作りのこだわりを伺ったところ、

      元々サツマイモ(絶品のサツマイモです!)を担当していたそうで、

      「苺作りはパートスタッフの方々に教えていただいてます」

      と、何とも謙虚な返答を頂きました。
      もちろん伏木さんを支えるスタッフさん達も優秀なんでしょうが、この謙虚さが美味しい苺を育てる上で実は重要なのではないかと感じました。

      苺農園で、苺に囲まれながら説明してくださる伏木さんの笑顔はとても優しく、「食べてみてください」と、渡された苺は本当に本当に美味しかったです。

      日常が戻った暁には、是非たんぽぽ農園で苺狩りをお楽しみください。
    • シェフ「廣田 真吾」プロフィール

    • ・1982年福岡生まれ。
      ・18歳よりイタリア料理を始め、25歳で福岡「レオーネチェルキオ」のシェフに就任。
      ・その後香港へ渡り「ラトリエドジョエルロブション」、「オットエメッツエボンバーナ」といった名高い三ツ星レストランを経験。
      ・そこからベトナムホーチミンへと活躍の場を移し、山田宏己シェフ率いる「バスタヒロ」でヘッドシェフを務める。
      ・その後日本へ帰国し、京都「エルタン」、大阪「カルロ」でシェフを歴任。

      ・2022年ろくやグループ洋食ヘッドシェフに就任。
      これから南房総の食材を活かした鉄板焼きや海沿いのヴィラにモダンイタリアンの新業態を開業予定。
    • スペシャリテは野菜のパフェ
    • お薦めの食べ方

    • やはりまずは、食パンやクロワッサンなどお好みのパンをトーストして苺バターをたっぷり!
    • アレンジとしてEXオリーブオイルと塩、黒胡椒をかけると一味違った美味しさを味わうことができます。
    • 苺バターを使ったスイーツレシピをご紹介。
      厚切り食パンをトーストし、いちごバターを塗る。
      半割りとスライスした苺をたっぷりのせ、中央にバニラアイス、苺のヘタを飾る。
      ※あれば粉砂糖、炒ったアーモンドスライスで仕上げ。

      ・チーズ
      ・サラダ
      等の相性もよく、アイデア次第で広がります。
    • 房総の魅力を一人でも多くの方へ。

    • 私たち「ろくやグループ」は南房総の魅力を知ってもらい、何度も訪れてもらいたいという思いでおもてなしの形を築いてきました。
      そのなかで地域の生産者の方々との繋がりも出来てきました。たびたび感じるのは、素晴らしい食材を作っているけれど、謙虚な方々が多く、その魅力が世の中に十分に知られていないということ。

      そこで生産者様と一緒になって、房総の本当に良いものを発信していきたいという想いから、「海のマルシェ」というECサイトを夏頃に立ち上げることを計画しています。
      (現在「ろくやグループ」で運営する「六左衛門ストア」をリニューアルし、より地域の魅力が発信していけるよう、商品ラインナップも広げていく計画です!)

      まだまだ房総には魅了的な食材が沢山あり、このサイトで、それをご紹介していきたいと考えています。

      今後は、南房総名産の枇杷を使った「枇杷バター」やバターシリーズとして「無花果バター」。フルーツ以外にも「みやざわ和牛のカレー」や、定置網で取れた地魚の「房総ブイヤベース」などなど、南房総や千葉の魅力あふれる食材を使った土産品の開発を行っていく予定です。

      まずは、房総の魅力を発信する商品の第一弾として開発された「館山産紅ほっぺ 房総苺バター」をお届けすることで、房総の魅力を1人でも多くの方が知っていただくきっかけになれば幸いです。
      パティスリーソラネル、そして「ろくやグループ」の新たな挑戦、どうぞ応援よろしくお願いします!
    • 六左衛門ストア
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

patisserie solennel

patisserie solennel

誕生日やアニバーサリーなどお客様の特別な日を彩るお手伝いをさせていただけることを楽しみにしております。「おいしいで笑顔に」の思いのもと、適切な温度管理や繊細な食材管理につとめ日々より素材を生かした風味やコク滑らかさを追求していきます。​鏡ケ浦温泉rokuzaや岩井湯本温泉ろくやのデザートはすべてソラネルが作成しております。​南房総の素材を積極的に取り入れた”Solennel"のお菓子をお楽しみください。
商品
館山産紅ほっぺ 房総苺バター
¥3,000 (税込・送料込)
ご提供予定時期:10営業日以内に順次発送致します。
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • ・内容量:140g×2個・消費期限:製造より10ヶ月・保存方法:高温多湿を避け常温(開封後は冷蔵保存の上、お早めにお召し上がりください)
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥3,000
    ご提供予定時期:10営業日以内に順次発送致します。

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    株式会社ろくや

    販売事業者所在地
    千葉県南房総市久枝494番地

    代表者または運営統括責任者
    渡邉 丈宏

    代表者または運営統括責任者(フリガナ)
    ワタナベ タケヒロ

    連絡先/ホームページ
    http://www.rokuya-resort.com/

    連絡先/電子メール
    s.hirota@rokuya-resort.net

    連絡先/TEL
    0470-57-2011

    販売価格帯
    ※各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    代金の支払時期および方法
    《決済手段》
    クレジットカード
    デビットカード

    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担または解約や退会条件

    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    出品者から連絡のある返送先へご返送下さい。

    上記返品条件に該当しないお客様都合のキャンセルはお受けしておりません。

    不良品の取扱条件
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
    ・商品が汚れている、または破損している場合
    上記理由による不良品は、
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    出品者から対応方法をお客様宛にご連絡致します。